サイバー脅威インテリジェンス
SIEM ソリューションを脅威インテリジェンスでどう活用する?

近年、サイバー攻撃は増加の一途を辿っており、組織は常に最新のセキュリティ対策を導入し、維持することが求められています。しかし、進化し続ける脅威状況の中で、常に先手を打つことは容易ではありません。 ハッカーは巧妙な手口で脆 […]

続きを読む
デジタルリスク保護
インサイダー(内部不正)の脅威: サイバーセキュリティの隠れた敵

人的要因は、サイバーセキュリティにおいて最も克服するのが難しい課題の一つです。 その中でも、機密情報の漏洩、システムへの不正アクセス、データの破壊、金銭の横領といった内部関係者による脅威は特に深刻な問題となります。 人的 […]

続きを読む
サイバー脅威インテリジェンス
MSP(マネージドサービスプロバイダー)経由のデータ侵害、あなたの会社も大丈夫?

近年、ハッカーによるサイバー攻撃がますます巧妙化し、大規模な企業を狙ったデータ侵害事件が頻発しています。特に、ランサムウェアグループによる攻撃は深刻な問題となっています。 従来の攻撃とは異なり、近年ではMSPを標的とした […]

続きを読む
アタックサーフェスマネジメント
SOCRadar XTI アッタクサーフェスマネジメントを使用して攻撃対象領域管理の旅をナビゲート

攻撃対象領域(アッタクサーフェス) とは、攻撃者が組織の資産への不正アクセスを試みる際に利用可能なあらゆる潜在的な侵入経路の集合体です。これは、情報セキュリティの 3 つの要素である CIA (機密性、完全性、可用性) […]

続きを読む
サイバー脅威インテリジェンス
効果的なSOC 運用に不可欠なサイバー脅威インテリジェンス(CTI)の機能とは?

現在のデジタル社会の中でダイナミックに進化する脅威から組織は業務・機密の個人データ・商業データ・評判を守るために、高度なサイバー脅威から身を守る必要があります。このような脅威から組織を守るために、人的、プロセス、テクノロ […]

続きを読む
脆弱性インテリジェンス
アッタクサーフェスマネジメントと脆弱性インテリジェンスを活用した脆弱性マッピングとは?

脆弱性の概念は、デジタル領域につきまとう「永遠の影」です。 それは、システムの機密性、完全性、可用性を損なう潜在的な侵害への扉を開く要素です。デジタル世界における鎧の亀裂であり、サイバー攻撃者が悪用しようとするアキレス腱 […]

続きを読む
アタックサーフェスマネジメント
初めての人もわかる! - アタックサーフェスマネジメント(攻撃対象領域管理)とは?

アタックサーフェスマネジメント (ASM - Attack Surface Management) は、インターネット上で収集できるすべての情報を検出、一覧表示、分類、分析、優先順位付け、監視し、外部のデジタル資産を検索 […]

続きを読む